2015年02月16日

『阿部薫教授のシューフィッター白熱教室』に参加しました!

こんばんは!

寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

年末に右足第4趾基節骨骨折をしてから、一月半・・・

私の指の中に骨を固定してあったピン(針金のような金属)が

2本入っていたのですが・・・

やっと9日に手術をしてピンをとっていただき、とても楽になりました。(*^_^*)


短い方のピンが指の底の方に埋まってしまっていて、手術が必要だったので

一針縫ってありますが、12日に松葉づえをついて名古屋まで

阿部教授の話を聞きに行ってきました。


03.jpg


阿部教授とは、新潟医療福祉大学大学院教授 技師装具士博士で

足と靴のことを研究してみえて、とても有名な方です。

今回はゼミ形式のオンデマンド講義で、シューフィッターとして困っていること

聞きたいことをグループごとで話し合い、発表していくという内容。


同じ現場の悩みを皆で話し合い、解決策を考え、最後に教授が答えを出して

いただくという流れなのですが、白熱した雰囲気でとても勉強になりましたよ。

また、阿部教授の補足の話がとても解りやすい説明で

引きつけられる話ばかりで、時間が経つのを忘れるぐらいでした。


01.jpg


パンプスの踵が浮く問題、小趾問題、医療と靴・・・どこまで踏み込むべきか?

いろんな問題点がありましたが



印象に残っていることは、現代の若者の足の踵が昔に比べて細く小さくなっていて、

また足が薄くなっている傾向があり、既製のパンプスが合わなくなっているのはそのせいで、

メーカー側の木型をかえる必要があること。


幼稚園などで『はだし教育』をしている所があるが、砂、スポンジの上を歩くのはいいけど

硬い廊下だったら意味がない。扁平足を促進してしまうこと。etc.


MBTセミナーでも聞いた共通する話もありましたが、

これからも勉強会に参加して、靴と足のことで悩んで見える方に

少しでもお役に立てることができるよう、頑張っていこうと思います。

また、阿部教授の講義に参加したいですね。


posted by BIKE EIGHT at 00:26| シューフィッター補習講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする