2018年01月25日

MBTのトレーニング方法

【 MBTを履いて立ったときの足の位置 】

立ち方の図_4.jpg
足を平行にして立ちます。
______________________________________________________________________________

【 MBTを履いて立ったときのポイント】

立ち方の図_2jpg.jpg

小山のようなバランスエリアを感じなから、足を内側や外側に倒しすぎないように
して立ちます。
_______________________________________________________________________________

【 MBTを履いて立ったときの姿勢 】

立ち方の図_3.jpg

バランスエリア(ピポットアクシス)を支点にして、猫背にならないように
胸の位置を高く意識して立ちます。

_______________________________________________________________________________

【MBTを履いて歩くときのポイント】

@ カカトの沈み込み      Aミッドフットローリング     Bトゥ・オフ

歩行a1.jpg    歩行a2.jpg     歩行a3.jpg

@MBTセンサーにより、穏やかなカカトの沈み込み運動が促されます。すると高い姿勢を保ったまま着地ができるようになり、着地衝撃が緩和され、スムーズな重心移動が促されます

A中足部に位置するピボットアクシスにより、活動的なローリング運動が生まれます。そして、体幹部の効率的で快適な前方への運動を促します。

B活動的なローイング運動により、高い姿勢が保たれて、つま先は地面を蹴ることなく滑らかに地面から離れます。同時に次の一歩の着地衝撃の発生が抑えられます。

[MBTカタログから抜粋]



posted by BIKE EIGHT at 11:43| MBT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする